デリヘル嬢との癒しの時間の過ごし方

今まで私は10数年前に私がまだ童貞で大学生だった頃にピンサロ店でピンサロ嬢から初めて女性からのフェラチオをされた時から現在に至るまで「がつがつした風俗遊び」をしてきてしまっていました。
私のがつがつした風俗遊びとは、とにかく自分がデリヘル嬢やピンサロ嬢の口内に勃起した陰茎を突っ込んで口内射精をしたり、デリヘル嬢の芳醇な香りを放つアナルに私のがちがちに勃起した陰茎を挿入してアナルファックを行い、激しく肛門を掘って突きまくり直腸内射精を行う事しか頭に無かったのです。
私のこういった激しい射精本位のプレイでデリヘル嬢やピンサロ嬢に嫌われてしまう事もしばしばでした。
そんな私は最近、風俗通い10数年目にしてようやく「デリヘル嬢とプレイ後にまったり過ごす過ごし方」を体得する事が出来る様になったのです。
先日も私はいつもひいきにして利用しているデリヘル店のお気に入りの黒ギャル系デリヘル嬢の女の子を電話予約して指名をしてラブホテルでプレイを行ったのですが、一回目の即尺フェラでの口内射精、そしてシャワーを浴びた後のベッドの上でのアナルファックによる直腸内射精を終えた後は、残り時間1時間は恋人気分でいちゃいちゃと黒ギャル系デリヘル嬢とソファーの上で乳繰り合いました。

日常を忘れて特別な時間を過ごせるサービスとして重宝しているのがデリヘルです。今の私にとって最大の息抜きとなっており、今では趣味に近い存在になっています。このようなデリヘルで過ごす特別な時間というのは、とにかく楽しいものにしなくてはなりません。
そこで私が実践している楽しむ方法なのは、基本的にホテルで呼ぶということです。これまで自宅とホテルの両方にデリヘルを呼んだ経験があります。自宅から呼ぶことは、単純に待っていれば良い訳ですから、大変楽だと言えます。
これはこれで魅力的な方法だとは思うのですが、私はあまり好んでいません。何故ならデリヘルという日常を忘れた時間を過ごす訳ですが、自宅というのは自分の日常の空間です。それだと心から楽しめない自分が居ました。
一方でホテルでデリヘルを利用する際は、ホテルに足を運ぶという時点で普段とは異なる行動をしています。ですから私の場合は、この時点から特別な時間がスタートしています。そこからお店に連絡し、好みの嬢と会話を行いまして、待ちに待ったサービスの開始となります。
このような一連の流れによって、私はデリヘルを大変楽しむことができています。これからも続けたいと思っています。

other site

貴楼館は新大阪のデリヘルです
未熟な人妻は尼崎のデリヘルです
マリアテレジアはデリヘルの大阪です
ライングループは大阪のデリヘルです

サブコンテンツ

このページの先頭へ